画像に×が出る場合は、ページ表示を更新してください。
   

VHF-FM ゲルマラジオの実験 #5

第5話・・・「DX記録に挑む」

基礎実験が終わり、何とかFMゲルマラジオに対する感覚も掴めてきたので、もう一度、最初に成功した姫路市の送信所を相手に、どこまで受信距離が伸ばせるのか挑戦することにする。

《まずはE地点へ移動》
距離にしておよそ6km地点。海抜が送信アンテナ地点より少し低いが、かなりの高台なので、平野部を挟んで目の前に送信アンテナが拝める。

ビームが逆方向なので確かに電界強度は十分でないが、放送内容がよくわかる程度でM4の判定。
次に東隣のF地点=高砂市日笠山へ移動。送信所からはおよそ9kmの距離になる。さすがに送信所がずいぶん遠くに見える。(赤丸地点)

ここまで来るともうイヤフォンですぐに選曲できるようなレベルを超えてしまう。まずはAFアンプを通して、とりあえず電波が来ていることを確認、一番よく聞こえる場所を探し、アンテナの向き、チューニングダイヤルを調整する。ここぞと思うポイントでイヤフォンにチェンジする。

それで何とか聞こえたポイントを今回の受信レコードとしておこう。アナウンサーが言っている内容がかろうじてわかるレベルなので、M3は少し甘い採点かもしれない。


 


コメント
こんにちは、初めましてエフこと、おかだ と申します。
XtalradioでFMを聞いている人が居るのを発見して嬉しくなりました。
私も以前レシオ検波で受信したことがあるのですがあまりの感度の悪さでそのまま放り出してしまいました。
勿論AMでは携帯式鉱石ラジオと称して適当に遊んでいます。
http://park15.wakwak.com/~ja1cvf/diy/keitai-radio/keitai-radio.html
Xtalradioでは凝った回路より単純な回路で感度を上げる工夫をした方がよい結果が得られるのは実感していましたが、スロープ検波のFMラジオは目から鱗です。
何だか私もFMに挑戦したくなりました。

本館の方は以前から拝見しておりましたが久々に別館を訪問して嬉しくなって書き込みしました。
わーーーー、2010年8月に書き込みしていただいて、いまが2015年10月。5年以上放置プレイですみません!!!!
おかださん、コメントいただきありがとうございました。(と書いても伝わるかな・・・)同行の士がおられるというのは本当にうれしいものです。
この頃から、ちょっと違う趣味に走ってましたが、またぞろはじめました。次のサイトなど立ち上げました。今日、そこへこの記事のリンクを貼ろうかと思ってやってきて、おかださんのコメント拝見したところです。
http://ele-craft.com/rj
最近は工作そのものよりも、ラジオをダシにして小旅行、ドライブをするのが趣味になってしまいましたが、そういう流れででっちあげたページです。どんな受信機で聴いたかを特記していただくベリカードを集める趣味を始めています。
「聴こえなきゃ聴きに行け!」のテーマでラジオマニア誌にも記事書きました。

  • しろくま
  • 2015/10/02 11:04 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カテゴリー

表示中の記事

 

 

サイト内検索

RSSフィード

本館へ戻る